この世は二元論でできていますが闇を光に変えることができます

元伊勢籠神社

元伊勢籠神社
奥宮真名井神社


産霊(むすひ)お守り

9月29日はてんびん座で新月でしたね🍀
5月の満月に引き続き、
お伊勢さまのふるさと
宮津にある元伊勢籠神社と
奥宮真名井神社に参拝してきました。
産霊(むすひ)お守を授与してきました。
5月19日は、満月の日に参拝して満月の日にのみ授与できる満月のお守(白)を、そして今日は新月なので、新月の日にのみ授与できる新月のお守(黒)を授与できて、合わせて一対で、「明」日が現れます。
太陽と月の動きによって、
創造と発展が生み出され、新たな明日を開く働きをしてくださるそうです。

インナーチャイルドカード15番
大きな悪いオオカミ

ところで、
インナーチャイルドカードの15番は、
大きな悪いオオカミのカードで、闇を受け入れ光に変える、恐れを手放すという副題がついています。
たいていは、あまり歓迎したくないカードですね?
数秘では、Ⅵ番
幾何学で表すと六芒星
統合の意味がありますね😊✨

ハート&魂の波動、意識が持続している状態の六芒星
根源のアセンション最終ゲイト
千天の白峰 アセンションファシリテーターAiより


今、私の周りでは、
アセンションをテーマに活動されている方がたくさんおられます。
私も、意識はしています。
ワンネスの世界の実現とか
言われていますね?
統合(ワンネス)とは、二元論でいうところの相反するエネルギーを融合統合するという意味だけではないと私は思っています。
個人のレベルでは、何をどのようにしたらよいのか?
具体的にどのようなことをしていけばよいのか?
なかなかわかりにくいと思いますが、
自分の内なる声に耳を傾けて、苦手なこととか嫌なこと、シャドウや恐れ(大体は、否定や見たくないことだったり、認めたくないことだったりします)として自分の内側にあるエネルギーと向き合って、そこに光を当ててみる、それは、たとえば、日常的に、こんなことが嫌だ苦手だと思っていた自分に気づくというようなことでもいいと思います。
先日、イーシャ・ラーナーさんのインナーチャイルドカードのハイパーティーチャーコースを受けてきましたが、公認を受けている者として、インナーチャイルドカードを長年扱ってきた者として、
インナーチャイルドカードに関わる皆様にお伝えしたい、シェアしたいことは、インナーチャイルドカードの世界観で大切なことは、自分自身が輝いて自分らしく生きること、魂を輝かせて太陽への道を歩くこと💓また、自らが魂を輝かせて、自分が発光体になって周りを照らすことができるようになることだと思います☀️
そして、その為には、シャドウ、影、自分の弱さや欠点や見たくないことや、避けて通りたいと思っていることから学ぶことがあると知ること、その裏側にどんな自分が隠されているのか?を見つけることも大切だと思います😃
否定や恐れを原動力にするのではなく、愛と信頼を原動力に始めてみませんか?💓

どうか、逃げないで、目を背けないで、嫌な自分、ダメダメな自分ともしっかり向き合ってみてください。
そこから得る経験体験が、
肥しになり、新しい自分を創造することができます。
感情的には、傷みを伴うこともあるかもしれませんが、まず、自分自身を癒して赦しましょう🌟
そして、さらに、新しい自分を発見することのできる赤ずきんちゃんの(個として自分を主人公にした)新しい冒険の旅を楽しむ一歩を歩いてみてくださいね🍀
15番のオオカミのカードは、あまり歓迎したくはないかもしれませんが、自分のシャドウを受け入れながら、魂の学びと成長の旅を楽しみながら、一歩一歩踏みしめながら大切に歩いて行きましょう😊💕

Love heals all
愛がすべてを癒します

改めて、インナーチャイルドカードの深さをしみじみ感じています💓🌟
私は、インナーチャイルドカードの世界観を愛しています💕🌟🍀
インナーチャイルドカードを通して、たくさんの方々や仲間と出会えたことに
感謝しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA