バッチフラワーレメディの特徴と使用法

バッチフラワーレメディとは?

バッチフラワーレメディは、1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発されたシンプルな自然療法で、副作用や習慣性のない癒しのシステムです。

心や感情のバランスを取り戻し、ストレスを軽減するこのレメディは、世界中で赤ちゃんからお年寄りまで安心して使われています。

一般の方から医療関係者まで幅広く親しまれていて、動物や植物にも使われています。

『地球の栄養と空気で育まれる植物の有用性が、太陽あるいは火で引き出され、ヒーリング成分が水に集められます。研究が進むにつれ、あらゆる創造がシンプルであることに気づかされることでしょう。この方法がシンプルであるからと使うのをためらわないでください。』

エドワード・バッチ

バッチフラワーレメディの特徴

バッチフラワーレメディの特徴と使用法

バッチフラワーレメディは、イギリスのバッチセンター周辺の草花により母液が製造されています。

大自然の大地と太陽の豊かな恵みで育った草花には、ネガティブな感情を癒すエネルギーが秘められています。

医薬品のように身体的な病気や病状に直接作用するものではありません。

お花の持つエネルギーが、人々の感情に働きかけ、心のバランスを取り戻します。

自分の性格や現在の心の状態をみて、それにふさわしいレメディをとることで、感情の乱れを改善する手助けとなります。

様々な感情や心の状態に対応する38種類のレメディがあります。

38種類のレメディがそれぞれ対応する感情(指標)をみて、今の自分の感情や心の状態にあてはまるものを選びます。習慣性や副作用がありません。他の薬やセラピーとも併用ができます。赤ちゃんからお年寄りまで、誰でも使えます。

使用法

伝統製法を守り、ナチュラルな成分で安心、安全

開発から約80年経った現在も、製品は、バッチ博士が開発をした場所である、イギリスのバッチセンター周辺の草花により母液が製造され、150年以上の歴史があるイギリスのネルソン社でボトリングされています。

バッチフラワーの成分は、グリセリン(植物性)、水、それぞれのお花のエネルギーで作られ、ナチュラルな成分で安心、安全です。

バッチフラワーレメディ、レスキューブランドのプロモーションビデオ。

製品の概要、使用法などをナレーション付きで約5分間にまとめた動画です。