バッチ博士と健康観

エドワード・バッチ博士 Edward Bach (1886-1936)

バッチ博士

エドワード・バッチ博士は、イギリスの医師、病理学者、細菌学者。

子どもの頃から鋭い直観力を持っていたバッチ博士は、冒険好きでユーモアのあるいたずら好きな少年で、大自然を愛し野鳥や木々、野の花を友にして過ごす一面を持っていました。

そして全ての病を癒す単純な方法を発見するという理想は、成長するにつれ、確信となり、一生の仕事を支える原動力となりました。

赤ちゃんからお年寄りまで使える、安全で習慣性にない、シンプルな自然療法、人の持つマイナス感情と花の持つエネルギーを、38種類のバッチフラワーレメディとして体系化させました。

引用元 : バッチホリスティック研究会

バッチ博士の健康観

『健康は私たちの財産で、権利です。

健康は、魂(ソウル)、心(マインド)、体(ボディ)の完全な統合です。

そして、これは達成するのが難しいわけではなく、むしろあまりに簡単で自然なことなので、見落としがちなのです。』~エドワード・バッチ~

Heal Thyself 汝自身を癒せは、バッチ博士の哲学の原点です。

自分にとっての正しい生き方を見つけ、一人ひとりの人生と性格にあった道を、自分らしく輝いて生きること、心と魂と体が調和した生き方をすることは、あなたを健康へと導いてくれます。

病気の発症には、個人の思考パターンや心理的傾向が深く関わっており、それが回復のプロセスにも影響するということに着目しました。

人間を身体、心、魂を持った全人的な存在としてとらえ、自然の中に癒しの力を持つ植物を求めたバッチ博士は、最終的に38種のレメディを発見し、バッチフラワーを体系化し完成させました。

病気になった時、身体的な状態よりも、その人がどういう人で、どのように物事を考えているのかを重視し、人間全体をみること、癒しのプロセスにおいて、医師は患者と協力しあう関係性など、人をトータルにとらえるというホリスティックな医療観を唱えられました。

現代では、心身の相関関係が明確になり、精神神経免疫学の分野での研究がさらに進み、それを裏付けています。

また、バッチ博士は、セルフヘルプ=自分で自分を助けることができるという考え方を提唱し、私たちが、治療や健康について、自らが果たす役割を重視しました。

病気になった時、患者は自分で自分の治療に責任を持ち、積極的に関わる必要があり、患者本人が自分で治そうという気持ちになって初めて癒しが起こりやすくなります。

バッチ博士の提唱する医師と患者の新しい関係性や、セルフヘルプ(自助)で、患者が自分の感情を見つめ、自分を信じていくことに基づく健康観は、当時としては、とても新しい考え方でした。

そして、約80年後の現代を生きる私たちに、これからの健康に対する意識を高める大きなメッセージとなっています。