ソーラーリターン インナーチャイルドカードからのお誕生日カードメッセージ

DSC_1558

 

 

 

 

DSC_1559

 

DSC_1560

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、私のお誕生日。

お誕生日の日は、

太陽の位置が、

生まれた日と同じ位置になると言われています。

インナーチャイルドカードからのお誕生日カードを引いて、

カードからのメッセージをもらう日です。

修子さんと二人、

もう何年もこれをやり続けてきているので、

今日もやってみました。

大アルカナ7番のピーターパンのカードでした。

インナーチャイルドカードの解説書によると、

サブタイトルは、理想と現実のバランスとあります。

二人で、

お互いリーディングをして、

こんな意味かな?

こんなこともあるんじゃない?と、

イーシャさんのワークを受けた時のノートを引っ張り出して、

語り合うということをしました。

支配星は、かに座だから・・・

数秘からは、○○・・・

タロットからだと、戦車だから△△・・・

ピーターパンのお話からは、◎◎・・・、

キーワードは、これだよね?

みたいな話をお互いばんばん言い合って、

久しぶりに、インナーチャイルドカード談議に花が咲きました。

私自身は、

昨年から今年までの魂の学びは、15番で、

こうだったからこう・・

こんなことを感じて、こんなことを発見して・・、

きっとこんな風に続いていると思う・・などと、

お互いに話して、とても楽しい時間を過ごしました。

以前は、

当たり前のように、

毎日のようにやっていたことを、

今日は、久しぶりにできたことも、

カードからのメッセージと、

修子さんが用意してくれたプレゼントとともに、

こんな素敵な時間を一緒に過ごせたことが、

何よりのプレゼントだったなぁと思いました。

 

昨年からの私の魂の学びでは、

15番のカード、

大きな悪いオオカミ

サブタイトルは、闇を受け入れ、光に変えるでした。

単純に、自分にとって、

何か良くないことが起こるのかもしれない?とも読めますが、

物事には、二元性があり、

光と闇という側面性があること、

そして、そのどちらも、大変意味のある事で、

物事の光の部分と闇の部分を知る必要があるということを、

カードは教えてくれていますし、

気づくように促してくれました。

この15年ほど、私の中で、

持ち続けていたネガティブな側面に、

ちゃんと光はあったのだと教えてくれるような事柄がありました。

自分のやってきたことを、

自己肯定できるように、

ちゃんと光を当てるということを教えてくれ、

促してくれました。

また、

究極は、もっとも私が怖れていることが、浮き彫りになるなど・・

起こる事柄をとおして、

感じる感情をとおして、

しっかりと向き合うように、

向き合えるように教えてくれたように思います。

だからこその、

次なるステージの学びである

凱旋パレードであり、

だからこそ、

12星座では、底の位置に配置されたかに座のカードであり、

私の中の、

奥深いところにあるHOMEを、

知ることができるのだと思います。

つまり、

魂の帰依するところとは何か?

私自身が、心安らぐところはどこか?どんなことなのか?

というようなテーマを投げかけられたような気がしました。

薄々は感じていたことなんだけれどね。

また、中庸、調和、バランスなどもテーマになってくるのかな?と思います。

やはり、

インナーチャイルドカードでの自分探しと内観は面白い!と思いました。

私たち二人は、

インナーチャイルドカードと出会い、

人生が本当に豊かになりました。

できれば、

多くの皆さんにも、

そんなインナーチャイルドカードの良さや面白さを伝えたり、

感じていただけたら嬉しいですね。

 

ちなみに、

今週の二人の3枚引きはこれです。

インナーチャイルドカードにご縁のある方、

是非ぜひ、

お誕生日のカードや、

日々の3枚引き試してみてね。

インナーチャイルドカードと仲良くなって、

カードから、

いろいろなことを教えてもらってくださいね。

 

DSC_1585

DSC_1567

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>