fairybell 秘かに再開しました。

 

IMG_20151206_165242

 

IMG_20151204_103914

お久しぶりです。

fairybell の小森です。

9月末で、

カフェ&こころサロンとしてのfairybellの活動に一旦ピリオドを打ち、

自宅の引っ越しも無事に終了し、

先日、

インナーチャイルドカードのシンボリックなオブジェである

不思議の国のアリスの運命の輪、

新たな可能性の誕生に象徴されるマザーハトホルのエッグポット、

真理のソードに象徴される

アーサー王伝説の王のみぞ抜ける剣エクスカリバーのほか、

インナーチャイルドカードのシンボリックなオブジェクトを

取り入れた小さなお庭を、

心の友であるHANAKOのオーナーが愛情をこめて、

作ってくださいました。

そして、その応援のエネルギーをいただき、見守っていただき、

心の中で、

コミュニティ&こころサロン fairybellとしての再出発をしました。

 

7月半ばの突然の息子の家出に始まり、

大きく運命の輪が回り、

ほんとの自分が求めている居場所を求めて、

新しい道を切り開くことになりました。

そして、

12月に入って、

今日、

数年来、毎年岡山からお越しいただくお客様を修子さんとお迎えし、

インナーチャイルドカードでの2016年の流れを読むセッションを

させていただき、

私たち二人の中で、

新しいfairybellのあり方を求めて、

再出発いたしましたことをご報告させていただきます。

ここに至るまでに、

支え、励まし、応援していただいた皆様に深く感謝しております。

ありがとうございます。

 

新しいサロンは、

小森自宅となりますので、

完全ご予約制とさせていただきますので、

ご了承ください。

 

前身のfairybellは、

日常を切り離した空間でしたが、

ここ数年色々な学びの中やセッション、

レッスンでも感じたことですが、

結局、

私たちがお伝えしたいことって、

現実に生きている暮らしの中にあるっていうことを

改めて感じさせられました。

ですので、

今度のfairybellは、

夢のような異空間ではなく、

暮らしの中の空間の実践として、

お伝えさせていただきたいと思っています。

おうちのリビングに、お友達に遊びにきていただくような、

そんな感じ・・・。

ですので、

生活の中にあります。

誰もが、

実現可能な現実として、

自分の変容を楽しんでみることができるような空間でありたいと思います。

 

今後は、

今の自分の輝き(リソース)を知ることで、自己肯定感を高め、

その上で、

自己実現、

新しい自分の道を切り開いていくことを応援したり、

自分らしく生きていくこと、

ホリスティックな観点から自分を知り、

生きていくことを応援できるサロンとして活動していきたいと思っています。

 

新しいサロンについてのテーマを、

インナーチャイルドカードに尋ねてみたら、

ワンドの8番 パワーの使い方を学ぶというカードが出ました。

IMG_20151206_165301

 

このカードの解説ならびに、

小森的考察では、

キャンドルサービスのように、

光を次の人へとつなげていくことの大切さを伝えているように感じます。

 

一人一人が自分らしく輝いて過ごすことは、

周りを照らす力になります。

世界を照らす仲間たちの輪をつなげていくこと、

同じような志を持つ仲間たちのコミュニティを創ること、

ここでのお役割の一つとなるような活動をしていくことのようです。

 

インナーチャイルドカード・バッチフラワーコンサルテーション

科学的カラーセラピー オーラ&チャクラリーディング

カウンセリング&コーチング に加え、

新しくHFエネルギーヒーリングをメニューに加える予定です。

HFエネルギーヒーリングは、

脳科学と量子物理学から生まれた新しい手法です。

 

新しい自分を創造し、

自己実現を促してくれるツールであり、

私小森自身も、

思いがけない形ではありましたが、

新しい自分を創造し、

新しいスタートを切りました。

今まで学んだツールや個人の研究、考察も踏まえ、

インナーチャイルドカードをはじめとした

セッションやレッスンを再開させていただきますので、

今後ともよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>