fairybell インナーチャイルドカードセッション(裏)メニュー

随分秋が深くなってきました、

フェアリーベルの窓から天王山が良く見えます。

緑が日に日に濃くなってきているようで、

新緑とは違った美しさに癒されています。

 

この時期になると、

インナーチャイルドカードのプライベートレッスンでは、

約1~2ヶ月先の次回のレッスン日時のお約束をする時に、

来年の年のカード1枚と各月のカード12枚を引いて、日常に活かすという

1年に1回の恒例行事(!)が話題に出始めます。

1年間のスパンでカードを引いて、

1年のリズムや流れの中で、自分の中心軸がぶれずに、

フォーカスすべき意識を大切にして、

日日の生活を豊かにしていこうというカードレッスンの一環です。

IMG_3934

このインナーチャイルドカードの13枚引きは、

ホームページの中のインナーチャイルドカードのページには、

残念ながら、載っていません・・・。

私達が、インナーチャイルドカードを学び始めた約10年ほど前から

毎年引いていて、最初はあくまでも自分たちの勉強のために

遊び心満載で、来年は、こんな年かな~!?と楽しんでいました。

 

 

数年経ち、自分達が、

カードと日常が結びついていく不思議さを体験していきました。

そんな体験談をしていて、

1年間のカードセッションをしてほしいという方が現れて、

年末から年始にかけて、期間限定でさせていただくようになりました。

 

最近では、fairybell のホームページのブログで、

お知らせしていますので、ご興味を持っていただいた方も

いらっしゃるかもしれませんね。

『インナーチャイルドカードから2015年を観る』は

近々アップさせていただきますので、

ご興味のある方は、お問い合わせくださいませ。

 

この時期に1年に1度、お目にかかる方との再会も楽しみにしています。

 

2つ目の裏メニューは、

『お誕生日メッセージ』です。

 

こちらは、インナーチャイルドカードの日本語版ガイドブックと

インナーチャイルドカードのセットが出版された後に、

創始者のイーシャ・ラーナー女史が、来日されて、

ワークショップの中で実際にやって見せてくださいました。

201311061053000

誕生日は、太陽が1年間かけて回って、

産まれた時の位置に戻ってくる日、ソーラーリターンの日です。

誕生日から、新たな魂のステージの始まりと捉えて、

大アルカナカードのみで、

ウィッシング・ウィル(願い事を叶えてくれる井戸)のスタイルで

カードを選んでいきます。

日ごろは、深くて受け取りにくい(意識化しにくい)ことも、

自分のアンテナのひとつとして持っているだけで、

自分に起こる様々なことの意味がわかってくるように思っています。

 

ちなみに画像は、2014年の私(shuko)の引いたカードと

昨年の誕生日に引いたカードです。

今年のイヤーカードは、「ⅩⅡジャックと豆の木」

10月のカードは、「Ⅶピーターパン」

お誕生日カードは、「ⅩⅦ星に願いを」です。

ここでは、詳しくは書きませんが、

楽しい(?)毎日を送っています(汗?!)

誕生日が11月にやってくるので、

そろそろ昨年のカードの仕上げ(?)と

次のステージが気になっている私です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>