fairybell とインナーチャイルドカード

 201202191130000  IMG_3357

fairybell  フェアリーベル は、

インナーチャイルドカードの世界観をモチーフに取り入れ、

私たち一人ひとりが自分らしく、

魂を輝かせて生きていくことを願って、

2008年9月にオープンいたしました。

自分自身の声に耳を傾けてみることや、

自分探しへの冒険の旅への誘い、

心の扉を開くためのベルを鳴らすきっかけづくりになれることを願って、

fairybell フェアリーベル と名付けました。

 

インナーチャイルドカード0番 赤ずきんちゃんのカードや、

タロット0番の愚者のカードは、

新しい始まり、スタートを意味し、

自分らしさに目覚めていくことや、

まだ気づいていない未知の世界への冒険の旅の始まりを表しています。

人生を肯定し、信頼と期待をもって生きていくことの大切さを示しているのです。

タロットというと占いを連想されることが多いですが、

タロットは、

生きる上で大切なことを指し示すバイブルでもあります。

fairybell には、

遊び心で、

インナーチャイルドカード0番から21番までの世界が、

建物や造作、雑貨など、

モチーフとしてあちらこちらにありますので、

それを見つけることも楽しみの一つにお越しいただけると嬉しいです。

 

創始者イーシャ・ラーナー女史の

Inner Child Cards インナーチャイルドカード A Fairy-Tale Tarot への思い、

その世界観をぜひ、

おひとりでも多くの方に、広め伝えることを、

fairybell は、大切にしています。

 

 

 

インナーチャイルドカードとは?

 

インナーチャイルドカードは、タロットの叡智に基づき、おとぎ話の魔法や、

自然界を共存させたファンタジーの世界が織り込まれたカードです。

誰もが、なつかしさや暖かさを感じ、自分の中で忘れていた子ども心を思い出させ、

本来の自分の姿を見つめるきっかけとなります。

タロットは、数百年以上の歴史を持ち、自然の法則や数秘学、

占星術など神秘的な側面を持ち合わせています。

インナーチャイルドカードは、

ユング・シュタイナー・ゲーテなどが提唱したアーキタイプやシンクロニシティ、

集合意識、おとぎ話や神話、魂の輪をとおして、

生きるための根源となる愛を伝えています。

私たち一人ひとりは、とてもすばらしく美しいものをもって生まれてきていますが、

人間として毎日の生活の中にいると、美しい光がかげってしまうことがあります。

インナーチャイルドカードは、内側にあるエッセンス、

自分の本質を取り戻し、ヒーリングをもたらします。

本来持っている輝きや可能性を引き出し、人生を幅広く創造できるようになります。

あなた自身の魂に内在する宝物を探す導き手となってくれるでしょう。

 

イーシャ・ラーナー女史

Isha Lerner

Isha Lerner

イーシャ・ラーナーは、国際的な占星術師、タロット学者、コンサルタント、

フラワーエッセンスのプラクティショナーであり、

パワーオブフラワーヒーリングエッセンスの創始者です。

彼女は、おとぎ話、神話における専門知識とリサーチ、

原型の研究、パワー・マッピングとして知られているカルマのインプリントと

過去世の占星術のカウンセリング、

そして、人間の魂と自然の象徴的な結合とし世界中で知られています。

彼女は、フラワーエッセンスと、バイブレーションヒーリングも含めて、

クライアントとのワークに使っています。

世界的に称賛を浴びているおとぎ話のタロットカード

『インナーチャイルドカード』の著書であり、

1993年に、ベアーアンドカンパニー出版社から共同出版しました。

『インナーチャイルドカード』は 、

おとぎ話と人間の進化の過程の共創造の関係を、絵で説明しています。

現在、世界7カ国語に翻訳されています。

2001年に、ベアーアンドカンパニー出版社は、

インナーチャイルドカードのガイドブックとして、

「インナーチャイルドカードのワークブック」(日本未発売)を出版されています。

その他、三大女神のタロット(日本未発売)と四大要素のタロット(日本未発売)は、

両方とも、ベアーアンドカンパニー社から好評発売中です。

現在、彼女は、非常に多くの雑誌の記者もしており「地球へようこそ」に10年間、

オレゴン州ユージーンの最新ヒーリング・ニュース・ジャーナルに5年間、

惑星のライト・ワーカー、新しい地球の子供たちなどの、雑誌に執筆しています。

色々な新聞や機関誌のゲスト・コラムニストでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>