コラボカフェ 心と体のケアタイム&ティータイム 

DSCF3345  DSCF3346

今日は、

地元の友人のカフェアトリエRoseでのコラボイベント。

”心と体のケアタイム&ティータイムに参加しました。

 

アトリエRoseのオーナーのさっちゃんが、

お茶とスイーツを担当してくれました。

アロマハンドケアでは、

Clare のジュンジュンが・・・

インナーチャイルドカードメッセージは、

fairybellから修子さん、

そして、

わたしが、

耳ツボジュエリーとibマッピングを担当させていただきました。

 

2014年に向けて、

また、

今後の課題や新しい展開について、

カードでみてみたり・・、

マッピングしてみたり・・、

その後、

おしゃべりにも花が開き・・、

和気藹々と・・、

これからの新しい未来に向けて、

どのように切り開いていくのか?

そんなテーマがあちらこちらに・・・。

 

生きることは、

いいこともそうでないことも起こります。

運命学的には、

人によっての春夏秋冬もそれぞれ違います。

春を迎えて花咲く時期を迎える人もいれば、

冬の時季でもう少し忍耐強く、

あせらず、もう少し、タイミングのくる時期を待つことが大切な時もあります。

 

タロットカードは、

一般的に言われる占いで言うところの

命・朴・相 の 朴 にあたります。

 

インナーチャイルドカードは、

そのタロットカードの側面を持ちながら、

創始者イーシャ・ラーナー女史が、

占星術家でもり、

フラワーエッセンスプロデューサーでもあるので、

セラピーとしての側面も持っています。

fairybellでは、

そういったイーシャ・ラーナー女史から学びうけた叡智を、

その他のツールとも組み合わせながら、

今に焦点をあてたセッションをさせていただいています。

そして、

パッション、情熱、ハート、

その人の持つ熱い思いや、みんなを幸せにするエネルギーが人を動かし、

生きる力に、前進力になっていくのです。

 

インナーチャイルドカードやマッピングを使って、

自分の心や感情にアプローチし、

自分を知ること、見つめる機会を大切にしてみましょうよ・・。

そして、

自分を好きになり、素直にありのままを認めてあげませんか?

大いなるものからのメッセージや導きを信じてみませんか?

暮らしの中に、

押し花アートやティータイムがあるように、

自然と暮らしの中に根付いていけたら・・・。

そんな提案もこめた今回のコラボイベント。

 

セッションでは、

カードで現状確認をしたり、

課題を見てみたり、

どのようにアクションすることが大切なのか?

どんなことに注意したり、目を向けることが大切なのか?

などカードメッセージをお伝えし、ヒントを見つけてもらうことにお役立ちいただけます。

占いではありません。

ですから、

○○してください とか

○○しないと△△になりますよ・・というような言い方はしません。

 

何かを始める時、

日々の暮らしを維持していくのにも、

また、自分自身の未来に対して、

不安や怖れがあるのは誰も同じこと、

新しい第一歩を勇気を持って踏み出せるように・・、

毎日を楽しく、

魂を輝かせて生きていけるように・・、

前を向いて進めるように・・。

同じような目的、思いを持っている仲間に出会え、シェアできること、

認め合い応援しあえる仲間とのご縁は、

自分自身を励ましてくれます。

 

一つ一つのイベントに参加できること、

そこで出会える様々な方々、

空気感。

 

毎日毎日、

学んでいます。

 

今日も、

勇気や励ましを一杯もらいました。

 

さっちゃん&てるひろさんはじめ、

皆さん、

ありがとうございました。

 

押し花に囲まれたギャラリーカフェで、

ほっこりあったかティータイムと、

インナーチャイルドカードメッセージで、心すっきりうウキウキワクワクを感じてみたり、

耳ツボやアロマハンドケアでカラダをほぐしたり・・・。

ibマッピング体験もできます。

 

次回。

心と体のケアタイム&ティータイムは、

2月16日(日)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>