自分にごほうび

201311071711001

久しぶりにウィーン・フィルの演奏会に行ってきました、

この4月に大阪のフェスティバルホールが新しくなり、

クラッシックコンサートを聴くのは、初めてです。

  

曲目はベートーベンの交響曲第4番と第5番「運命」

この「運命」という題名ですが、

「かくして運命は戸を叩く」という言葉で

ベートーベンは第1楽章の第1主題を形容したと言われています。

(諸説あるようですが・・・)

あの有名なフレーズ『ジャジャジャジャ~ン』です。

  

この曲を聴いたのは、

ソーラリターンの日、誕生日でした。

運命は、今生与えられるものとして、

受け取り、受け入れるのならば、

自分から運命の扉に向かって、叩いてみたい気もします。

  

記念に同じ曲目のCDを会場で買って、

余韻に浸っています。

瞑想や呼吸法・・・、

本来の自分を取り戻したり、

心の浄化をするやり方は、いろいろあると思いますが、

クラッシック音楽を聴くのは、私の大切な時間です。

 

  

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>