大きな断捨離?

IMG_2870

 

9月に入り随分としのぎやすくなりましたね。

今日は、

青い空白い雲、そして、

天王山の緑が美しく、

心を和ませやすらぎを感じさせてくれます。

 

この夏は、とっても暑かったですね?

そして、

自分の身体を守るための防衛本能とともに、

暑さと戦っていたのか?

また、

心の内側、内面でも熱い戦いをしていたような・・・、(私は一体何と格闘していたのかな?)

悪戦苦闘しながら、

何を学んだのかな?

何を気づき、得たのかな? と、

やっと落ち着いてみることができてきたような・・・

そんな気がします。

IMG_2869

また、

この夏、大きな断捨離もしました。

そして、

タイムリーなことに、

ここ数日で、

2冊の断捨離関係の本を読んで、

私の身に起こった事柄や体験に合点がいった気がしています。

 

50歳からラクになる人生の断捨離には、

50歳は地殻変動がおきる時期とあり、

このことに、まずうなずきます。

更年期障害の影響もあるかとは思いますが、

子育てが終わり、手がかからなくなったり、

子どもたちが結婚、就職・・とそれぞれ自立していく中で、

いつまでも手放せなかった母心。

頭ではわかっていたはずなのに・・・

どこか期待し手放しきれていなかった自分を発見。

今までの当たり前感が主軸になっていて、

それはきっと慣れ親しんだ空間だったり、習慣だったり、

生活のリズムだったり、観念だったり・・・

当たり前が当たり前でなくなるという恐れと不安も手伝って、

手放していなかったことにも気づいた気がします。

 

変わりたいと思いながら、変化することで、

手放していくことへの不安、傷み、つらさ、

それを味わうことを回避していた自分もいました。

 

この2ヶ月、

想定外のことが一気にやってきました。

めまぐるしく過ぎていき、

秋の穏やかな風とともに、

今一息ついたところで見えてきたものがあるように思います。

そして、

何とか乗り越えれたかも・・?と思える今日です。。

 

起こった事象に対しては、

最初は、

なぜこんなことが起こるの?

なぜこんな思いをしなければならないんだろう?

というような被害者意識。

 

しかし、

結局は、自分自身の思考、観念、感情が引き起こしたものだったのかもしれません。

 

断捨離は、

モノ、コト、ヒトとをとおして、

自分とその対象が、

今どんな関係性なのか?という気づきをもたらしてくれるそうです。

目に見えない関係性に焦点を当て、

自分自身に問い直すことで、

不要、不適、不快なモノを手放し、

要、適、快へと替えていきます。

 

考えてみれば当たり前なことなのですが、

日常では、

当たり前になりすぎて、

それを自覚すらできないことでもあるのかもしれません。

それが当たり前でなくなることで、

傷みを伴うことで、

気づくこともあるようです。

でも、

実は潜在意識がそれを望んでいたのかもしれない・・とも思う私自身もいたりします。

手放して、関係性を問い直してみてはじめて、

実は思い込みだったかも?

囚われていただけかも?

望んでいたことだったのかも?

案外ホッとして肩の荷がおりた気分だったりするから不思議ですね。

 

手放すときは、

つらいしココロの傷みも感じていたけれど、

これで、

新しいステージへと向かうことができる・・・と信じて、

実行してみて、

今はよかったと思います。

 

また、

断捨離は、

自分軸の確立、

俯瞰力の獲得、

自在力の獲得というテーマに取り組むことで、

人生の質を高めていくということも提案してくれています。

 

案外他人軸だったり、

自分と他人との境界線も無自覚になっていたり、

○○のために・・・と思っていたことが、

本当は、そうだったのかどうか?さえもわからなくなっていたり、

立ち止まって、

関係性を問い直してみて、

さらに大切なものを見極めていけるようです。

 

これからは、

もっと自分軸で、

俯瞰力を発揮して、

自在に生きていける私自身になっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>