fairybell インナーチャイルドカードレッスン修了証

 

昨年(2011年)の9月、fairybellの私達二人は、

インナーチャイルドカードの創始者イーシャ・ラーナー女史のティーチャーコースを修了し、

インナーチャイルドカード公認プラクティショナー&ティーチャーに公式認定されました。

その時に、インナーチャイルドカードレッスンやワークショップについて、

「各サロンにて修了証を発行することは、OK。」と

ワークショップ主催のナチュラさんが、イーシャ先生の了解を取ってくださっています。

(これは、各公認プラクティショナー及びサロンからの認定となります。)

 

イーシャ・ラーナー公認を受けるには、

イーシャ先生のベーシック&アドバンスコースのワークショップを修了し、

その後、課題レポートを提出、

1年後のティーチャーコースを修了することが条件となっています。

イーシャ先生から直接ワークショップを受けることで

創始者が、一番大切にしたいことが受け継がれていきます。

 

 

イーシャ・ラーナー公認プラクティショナー&ティーチャーは、

イーシャ・ラーナー女史がインナーチャイルドカードに込められた思いや

自然のサイクル、叡智を理解し、伝えていくことでもあると理解しています。

イーシャ・ラーナー公認を得てからの、

fairybellが開講するインナーチャイルドカードレッスンは、

それらを伝え、広めること、

イーシャワールド・イーシャイズムを伝えながらのカードレッスンです。

インナーチャイルドカードを独自で解釈し、リーディングするのではなく、

創始者の思いや大切にされていることを含めてお伝えしています。

 

インナーチャイルドカードがもたらす癒しを理解し、

無条件の愛とともに、

受け入れられ、癒され、元気づけられ、勇気づけられながら、

一人ひとりが輝きながら生きていくことの後押しをしていくことを、

fairybellでは、お手伝いしています。

 

公認をいただいてから1年が経ち、

レッスンをしていく中で、

これらを理解し、レッスンを修了された方を対象に、

fairybellからも修了証を発行させていただくことにしました。

 

fairybellの修了証発行は、

インナーチャイルドカード78枚のレッスンを受け、

カードの成り立ちやシステムを理解し、

インナーチャイルドカード全般からの理解解釈をしていただいた後、

カードについてレポートを提出いただき、

修了認定コースを受けて、修了証を発行する運びとなります。

 

尚、fairybellにて、すでに、

インナーチャイルドカードレッスンを修了されている方については、

個別に対応させていただき、条件を満たした方には、

終了証を発行いたします。

 

 

公認プラクティショナーになり、

レッスンをしていく中で、

自分達のやるべきこと、やらなければならないこと、

やっていく楽しさ、分かち合う喜び、共有する大切さを

実感させてくれたように感じています。

これからも、クオリティを上げながら、

ご縁のある方々とつながっていきたい・・・と願っています。

共に学び、豊かな人生を歩んでいきましょう。

 

 

 

 fairybellインナーチャイルドカード修了証発行について

・インナーチャイルドカードプライベートレッスン受講

78枚(大アルカナ22枚、小アルカナ56枚)対象

・レポート提出(カードで自分を見る)

・修了認定コース(3時間)受講

オリジナルテキストにてレッスン

カードリーディング(3枚引き・11枚引きなど数種)

22枚がもたらす痛しについて

◎費用については、

個人レッスン

 78枚すべて受講される場合の時間の目安・・・24時間程度

   1時間・・・¥6、000

   78枚レッスン受講時間目安24時間 ・・・ ¥144,000

   1レッスン3時間の場合は割引があります ・・・  ¥15、000

               (3時間×8回)  ・・・ ¥120、000

   修了認定コース3時間・・・¥15,000

・上記金額は、

大アルカナ22枚、小アルカナ56枚、78枚のレッスンを受講、修了するための目安時間と料金です。

個人差がありますので、詳しくはお問合せ・ご相談ください。

お問い合わせ・お申し込みは、

   fairybell メール

   075-954-0708  まで

  

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>