カウント・ナインの大逆転

 

今日は、個人的にすごい日でした。

病気の友人が洗礼を受けるのに、

同級生数人で立ち会いました。

久しぶりに、

讃美歌を歌い、聖書を読み、

牧師さんのメッセージを聞き、

心穏やかな感動のひと時を過ごしました。

 

キリスト教では、

当然イエス・キリストを信仰するのですが、

愛と光は必ずあり、

大いなるものに受け入れられ、愛され、見守られる事で、

どんなに平安がもたらされるか?

心穏やかに事実を受け入れ、

癒しがもたらされ、

前進する勇気になるか?

 

牧師さんのお話は、

『カウント・ナインの大逆転』と題したメッセージ。

新約聖書 ルカ 7章11節~17節の朗読後、、

私たちへのメッセージとして、

人生には、

もうダメ!と思われるような出来事が起こることもあります。

それでも、

その中で、何に幸せを見出していけるのか?

どん底と思われるような出来事から、

愛と光と未来を見出し、

前進することの大切さ・・を説かれました。

何に目を向けるか?で、その先は大きく変わっていきます。

そして、それは、

イエス・キリストをはじめ、

愛と光によって、

安心安全の中で導かれていくことを信じることを説いています。

 

 

窮地に立たされたときに、

嘆き悲しんでいても、何も始まりません。

怒り、恨み、憎しんでも、何も始まりません。

そういう時だからこそ、

何をどんな風に信じていくのか?

何に愛と光を見出して生きていくのか?

どう前に進んで生きていくのか?

各々に問われる思いでした。

宗教という観点のみならず、

人が生きていく上で大切にしていきたい何か?

それぞれ問いかけてみるのもいいかもしれませんね。

仲間とともに、感動を味わう日でした。

 

おりしも、

コズミック・ダイアリーでも、

大変意味のあるキーワードの日でもあったようです。
 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>