1周年 自分自身のためのインナーチャイルドカード3枚引き

昨年の今頃、

インナーチャイルドカードのプラクティショナーになる為の

課題のひとつに、

毎週、自分自身のためにカードを3枚引いて、

レポートにして提出する・・・というのがありました。

 

自分のために引いたことは、何度もありましたが、

継続して、なおかつ記録を詳しく書き留めていく・・・

ということは、はじめての経験でした。

これが、やってみると、予想以上に楽しくてやみつきに・・・

課題は、たしか4週間分程度だったと思うのですが、

4週間が、いつの間にか8週間になり・・・

レポートに仕上げました。

 

その後は、出たカードをスケジュールノートに書き込んで、

気がつくと、早や1年。

 

 

その時により

現状を味わったり、

課題に向かっていったり、

解決方法にパワーを注いだり・・・

3枚が、バランスを取り合いながら、

私にいろんなことを気づかせてくれたように思います。

 

自分のことだから、

リーディングしやすい人もいれば、

案外しにくい人もいるかもしれません。

自分のことは、見ない方もおられるようだし・・・。

 

ちなみに1年間で、

私が、よく出たスートは、翼をもつハートでした。

感覚・感情・夢・優しさを含む女性らしく、受容的なハートの性質を象徴します。

何故、ハートなのか?

自分の感情や感覚をもっと見つめなさい・・・ということなんだろうか?

受容性が足りないから、そこを気づきなさい・・・ということ?

などと若干ポジティブでない時のありましたが、

さまざまな投げかけのおかげで

人生が深まってきたように感じています。

3月20日のイーシャさんのワークショップで、

ワークの最初に、

なにか思ってもみないトラブルが起きた時に、

いつもの自分でいられるか?

というお話をされました。

“本来の自分でいられること”

“本来の自分に戻ること”

できそうで、なかなかできないことです。

本来の自分を信じているからこそ、

言える言葉でしょうね。

タロットの一種であるインナーチャイルドカード、

アストロジー(占星術)

そして、

フラワーレメディ

どれもが、

本来の自分の大切さを導いてくれそうな気がしています。

じっくりと、共に時を過ごしながら・・・。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>