ピティビエ 

ピティピエ

ピティピエ

 

フランスの小さな町の名前から名づけられたお菓子“ピティビエ”

伝統的なケーキのひとつで、

この中に陶器で作られたおもちゃなどを入れ、

新年に食べられることもあるそうです。

曲線が描かれた表面の模様は、

馬車の車の模様だそうです。

えっ??

”運命の輪”のお菓子??

  

おもちゃが入っている、切り分けたケーキを食べた人が、

その1年のラッキーボーイ(ラッキーガール)だそうで、

デザートタイムのお楽しみが、倍増します・・・

  

それだけでも興味深い話ですが、

さらに、

ラッキーボーイ(ガール)が誕生した後

グループみんなで、拍手をして

その人を祝ってあげるそうです。

自分に当たらなくて残念・・・というよりも

当たった人を祝うことで

その場にいるみんなの気運をあげるということに

なっていくのでしょう。

  

誰に入っているかわからないワクワク感という子ども心と

新たな年を迎え、全員の気運をあげるなんて、

素敵なお菓子ですね。

  

伝統菓子というのは、

店頭に並ぶケーキのように、

人気のあるものではないかもしれないけれど、

昔からの”いわれ”があったり、

それぞれの家の母の味があったりするのでしょうね。

いつか大きなピティビエを新年に焼いて、

仲間とともに祝いたいものです。

  

・・・作り方を忘れないように、復習しなくちゃね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>