インナーチャイルドカードでサポートカードを知ろう

月別のサポートカードメッセージ

月別のサポートカードメッセージ

2011年のお正月、

娘のために、

サポートカードを引いていました。

まずは、月別のサポートカードレイアウト。

大きなテーマカードは、

自分探しや大切なものは自分の中に持っているとか、

自分にとってのホームを見つけるという意味を持つカードです。

娘にとって、

結婚に向けてのプロセスを通じて、

自分って?

というような自分探しをするという大きなテーマがあったことが分かります。

家族との育みや豊かさを感じる中で、

また、新しく出会う関係性の中で、

自分の輝きを見つけるための経験体験をしていくということのようでした。

大きなテーマカードに加え、

1月から12月まで各月のテーマカードを引いています。

今日までを振り返ってみると、

色んな出来事をとおして、

何をどんなふうに学ぶ必要があったのでしょうか?

なるほど・・・というような事柄に直面していたことがわかります。

サポートカード ホロスコープ展開法

サポートカード ホロスコープ展開法

次は、

ホロスコープ展開法で引いていました。

大きなテーマカードは、

ソードの5番。

大海へ出ていくというカード。

今までの川の流れから、太海へ出ていくという状況を現しています。

今までの家族構成や当たりまえでいたこと、価値観などから新しい価値観を見出すことを学びます。

個人と家族との関係性、

生まれ育った環境や当たりまえの違い、

両家の価値観の特徴などを感じ取ることになります。

そして、

そこから新しい価値観や大切にしたいものを学んでいくことになります。

ホロスコープ展開法では、

インナーチャイルドカードをとおして、

自分自身のことや家族との関わり、

仕事上やその他の関わりや学ぶべきテーマを知ることができます。

今週のサポートカード3枚引き

今週のサポートカード3枚引き

 

最後は、

私自身のために、

毎週引いてきたサポートカード3枚引き。

昨年11月頃からずっと続けています。

毎週、カードを引くことと、

カードが教えてくれることを、

意識して過ごすことが習慣になっています。

そして、そうすることで、

現実に起こる事象が受け入れやすくなります。

これは、

予知するというふうにも考えることもできますが、

起こった事柄に対して、

どんなふうに受け入れ、対処し、次の行動につなげていくか?

という流れが理解しやすく、流れに乗ることで、

現実化しやすくなるのを感じています。

例えば、今週は、

結婚式という大きなイベント、

私たち家族にとっては、

大きな出来事がありますね。

それを踏まえ、

どんなことに気をつけて過ごせばいいんだろう?

何がキーポイントなんだろう?

ということをカードが教えてくれます。

結果、

受け入れやすく、流れに乗りやすくなるのです。
  

人生の中では、

歓迎すること、そうでないことを含め、

色んな出来事が起こります。

それは、

全て、祝福でありギフトなのですが、

心地良く受け入れやすい事柄とそうでない事柄がありますね。

インナーチャイルドカードを通し

自分自身の内側とコンタクトをとり、コミュニケーションをとることで、

受容することができるようになります。

カードと仲良くなりましょう。

サポートカードからのメッセージを意識してみましょう。

私自身、

インナーチャイルドカードと出会って、

インナーチャイルドカードの根底に流れる愛や意識を理解しようとすることで、

人生が豊かになった気がします。

家族や子供たちに起こる様々なことに対しても、

受け入れやすく、認めやすくなりました。

それぞれの持つ輝きを引き出し、

輝きを放つようにサポートできることで、

母としての成長を感じています。

心穏やかに、

祝福を受け取り、

また、感謝し、

祝福を分かち合えることに感謝したいと思います。 

    

fairybellでは、

セッション や カードメッセージ として

お伝えすることができます。

また、

自分自身で、

カードを読むことで、

サポートカードからのメッセージを、

自分自身で知ることができます。

その時のチャレンジや課題を知り、

次のアクションにつなげることができます。

   

ご興味のある方、

ぜひ試してみてくださいね。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>