fairybell soul & love ワーク インナーチャイルドカード

fairybellにて イーシャ・ラーナー女史と・・・

fairybellにて イーシャ・ラーナー女史と・・・

 

インナーチャイルドカードの創始者イーシャ・ラーナーさんの来日日程が終了し、

イーシャ月間とも言える日々が過ぎましたね。

イーシャ・ラーナーさんから公認プラクティショナー認定をいただき、

イーシャ・ラーナーさんのインナーチャイルドカードをとおしての、

カードセミナーやレッスン、ワークショップを公認ティーチャーとして、

開くことができるようになりました。

イーシャ・ラーナーさんから教えて頂いた 

変化変容を促す魂の成長と愛のワーク。

インナーチャイルドカードがもたらす癒し。

fairybelll 風に噛み砕き、わかりやすくお伝え、広めて行きたいと思います。

インナーチャイルドカードは、

心理学で言うところのアダルトチルドレン的なインナーチャイルドを癒すツールではありません。

また、単なる占いでもありません。

人のもつ魂の輝きを自らが見出し、気づき、

自分自身を受け入れ認め、自己愛に目覚めていくことを助けてくれます。

伝統的なタロットカードを伝承しながら、

2000年代という現代に生きる私たちに理解し、受け入れやすく工夫されています。

誰にでも親しみやすいおとぎ話を土台にしながら、

数秘学、ユングの心理学、ヒューマンジャーニー、シュタイナーの理念、

シンボルや象徴されるアーキタイプと呼ばれる人の内面の元型、支配星、アルケミーなど・・・。

楽しさや夢がいっぱい。

希望を持つことができます。

生きるということは、

それ自体が死と再生を繰り返すことなのです。

その都度その都度、

創造が繰り返されることでもあります。

その原理を理解できると、

変化変容をおそれることもありません。

むしろ、豊かさと喜びとなります。

人が生きるのに、大切なことは、

愛と豊かさと喜びと感謝というシンプルなもの。

あなたにとっての豊かさは何ですか?

そんなことの気づきを与えてくれます。

人が前進するためのエネルギーを与えてくれます。

自分自身とのコミュニケーションツールとして、

人の魂や心の成長を促すツールとして、

夢や願い事の自己実現のためのツールとして、

fairybellでは、レッスンやセミナーを展開していきたいと思っています。

  

潜在意識は、パワーハウスと言われています。

顕在意識は、古い概念や教育、慣習などに囚われてしまいがちですが、

潜在意識に良い悪いという概念はないのだそうです。

潜在意識は、受け取ったそのままを実現します。

宇宙の仕組みや叡智、自然のサイクルを理解し、

アファメーションやインカテーション、ビジュアライレーション、シータ波効果、

数秘や言霊、色や音、形(シンボル)や絵、思考の現実化なども折り込み、

fairybell soul & love ワーク インナーチャイルドカードワークショップ&レッスン を

させていただこうと思っています。

  

ティーチャー認定を受けた18名は、

ワーク中に、インナーチャイルドカードを使って、どのようにサーブしていくか?

というテーマをいただいています。

ちなみに、

修子さんは、13番の スリーピング・ビューティー

人の変化変容を助けるワークを

私小森は、2番の フェアリー・ゴッド・マザー

夢の実現のための手助けをいていくことがサーブするテーマとして、

カードが教え導いてくれています。

 

夢や願い事の実現化、豊かさの引き寄せは本当にあるのだと実感しています。 

今回、イーシャ・ラーナー インナーチャイルドカードワークショップ が京都開催になり、

私自身は夢を現実に引き寄せることができました。

イーシャさんに,

fairybellに来ていただくことが実現したのです。

また、思いがけず、

アドバンスコースで、公開セッションしていただくこともできました。

イーシャ・ラーナーさんに師事し、

インナーチャイルドカードを愛し、

その叡智を広め伝え、 

グラウンディングし、日常に生かすこと、現実化できるということを実感したのです。

是非、皆さんといろんなことをシェアしていきたいと思います。

イーシャ・ラーナー女史の soul & love ワーク を

広めていきたいと思います。

世界に光をもたらし、

愛をもたらすために・・・

ひとりひとりができることを目指して・・・

Love heals all

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>