大山崎秋茶会「一年好景」

  

アサヒビール大山崎山荘美術館にて

中国茶のお茶会が、先日開催されました。

 

チラシによると

茶杯をご持参くださいとのこと。

昨年行った友人が、

普通のお湯飲み茶碗を持っていって

恥ずかしかったと言っていたので、

小ぶりのお茶碗を持っていきました。

 

山荘美術館のお茶室や広場など4箇所で、

いろいろな種類の中国茶がいただけます。

女児環といわれれる女の子の指輪のような形のお茶、

ゆずの中をくり抜いて、ウーロン茶などを詰め、燻製にした柚子茶など

葉の形や大きさ、焙煎の色合いの違いが楽しめます。

また、それぞれの香りや味は、同じ中国茶でも全く違い、

驚きのおいしさでした。

ジャスミンティのような香り、

ウーロン茶のような親しみのある味、

あっさりしたり、とろりとしていたり、

出されたお茶の個性の豊かさ。

それぞれ、おいしくいただきました。

 

 

自然の中で

中国茶に関するうんちくも聞きながら

いただくお茶の味わい深さ。

お茶から中国の歴史が垣間見れるひと時でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>