インナーチャイルドカードに出会って

ラプンツェル

ラプンツェル

 

無事にレポートを書き上げ発送することができました。

今回の課題は、

①大アルカナ22枚のおとぎ話とタロットのカードとの関連性やキーワードについて

②大アルカナ22枚それぞれの癒しについて

③インナーチャイルドカードを使った今後の活動や1年間の課題を終えた感想

という3つのテーマでの取り組みとなりました。

今日は、③について

インナーチャイルドカードとの出会いや課題への取り組みを終えた感想についてシェアしたいと思います。

よろしければ、読んでみてくださいね。

  ~ 以下提出したレポートより ~

   インナーチャイルドカードとの出会いと課題への取り組みを終えて & 今後の展望

           私が、インナーチャイルドカードと出会ったのは、2006年の春。

          ちょうどその頃、やっていたことを引きあげる時期にあたり、

          迷いや罪悪感、後悔の気持ち、不安な気持ちでいっぱいの時でした。

          今後の事を思うと、このままじゃいけない、このままじゃ終われない、

          なんとかしなければ・・・というような焦りもありました。

          ただ、今持っているもの、誤って抱え込んでしまったものを手放したいという一心でした。

          そして、新たな展望を信じて、大きな手放しをしました。

          学びと休息、充電の時を経て、

          ライフスタイルのひとつとして、

          目に見えることだけでなく、

          目に見えないものを信じること、暮らしに取り入れてみること、

          それらに目を向けてみることで、

          輝き、豊かになれるライフスタイル提案を目指して、

          また、願って、2008年秋、   

          カフェ & スピリチュアル フェアリーベル を立ち上げることになりました。

          ちょうど家の建て替え工事とも重なり、

          建物のデザインをどうするか?

          お店のコンセプトとの兼ね合いなど、

          モチーフをどうするか?などなど検討するときに、

          塔のデザインのモデルを見て

          「ラプンツェル!」と思い、そこから始まって、

          インナーチャイルドカードをモチーフに建物を建てることになったのです。

          インナーチャイルドカードとタロットカードからの意味やデザインからヒントを頂き、

          建物や造作、雑貨などに織り込み、

          今のフェアリーベルが生まれ、

          インナーチャイルドカードと私は深いお付き合いをすることにもなりました。

          カードレッスンを受けたり、

          英訳のテキストを、友人に翻訳してもらったり、

          インナーチャイルドカードの事をもっと知りたいと思いました。

          これを作られた方にお会いしたいとも思っていました。

          そうして、

          2010年春、イーシャ・ラーナー女史とお会いする機会を頂きました。

          2010年秋には、セミナー&ワークショップを受けることができ、大感激でした。

          セミナーでは、 

          今までのレッスンでは得られなかった創始者ならではの知恵やアイデア、

          創意工夫、そして、イーシャさんのカードへの思い、コンセプトに感銘を受けました。

          このすばらしい叡知を是非一人でも多くの方に伝えることができたら・・と思いました。

          日本国内でも、数人の方からのインナーチャイルドカードのレッスンを受けていましたが、

          創始者のセミナー&ワークはやはり素晴らしかったです。

          もっともっと学びたい、深めたい!という衝動にかられました。

インナーチャイルドカード3枚引き
インナーチャイルドカード3枚引き

   

          1年間の課題への取り組みもとても有意義で楽しいものでした。

          3枚引きを暮らしに取り入れることで、

          今までよりもっと深く深く、洞察力が増しました。

          自分を深く見つめるチャンスを頂きました。

          人のために見ることもできますが、

          何より自分自身を深く見ることができます。

          知ることができます。

          今、私はどんな状態なのか?

          何を思っているのか?

          客観的にカードは教えてくれます。

          今、私は、何を学んでいるのだろうか?

          どんなエネルギー背景があり、どんなエネルギーが必要なのだろう?

          前に進むために、何をすればいいのか?

          課題をクリアするためにどんな事に目を向けたらいいのか?

          カードは導いてくれます。

          インナーチャイルドカードというツールを使って、

          自分自身とコミュニケーションをとることができます。

          これは素晴らしいことです。

          知っていると超ラッキーなことだと思います。

          実体験からくる自信はとても大きな確信へとつながります。

          そして、今回は、

          改めて伝統的なタロットの叡智に触れました。

          そして、インナーチャイルドカードとの比較、進化の具合、

          新たな時代背景だからこその叡知、

          時代が流れても変わらない大切なこと、

          伝えなければならないことを知ったような気がしています。

          自分自身の内側においても、

          色んな側面性を教えてくれました。

          課題への取り組みと共に、

          同時進行で起こる現実生活での様々なこと、

          カードにどれだけ助けられたことでしょう。

          人が生きる人生そのものが、混沌としたものであること、

          確実なことは変わるということ、

          変化を恐れないこと、

          ネガティブもポジティブも自分の思考、行為行動しだいで創り出していること、

          闇はおそれるものではなく、受け入れて光に変えることができるということ、

          手放すこと赦すこと、

          利己的な誤った思考の塔ではなく、

          純真で、頑丈で、堅実で、人類に奉仕するための思考の塔を建てること、

          すべて自分自身の内側で創り出している現実があること、

          魂は自由であること、いろんな可能性を引き出すことができるということ、

          二元論で考えないワンネスの世界観、

          愛こそが根源であるということ、

          自分自身が太陽のように自らが発光体、放射エネルギーとなること、

          自分自身の輝きを見出すこと、

          自己愛、自己信頼を持って輝いて生きていけるということ、

          一人一人が発する放射エネルギー(波動)こそが、

          世界を照らす光になりうるということなどなど・・・

          カードはいっぱい教えてくれました。

          相反するエネルギーや未統合な側面性を

          イニシエーションという形で乗り越え、克服し、

          統合(聖なる結婚)させながら、大きな高いエネルギーへと成長していくこと、

          インナーチャイルドカード(A Fairy-Tale Tarot)の世界観は、

          大きな財産となりました。

          是非、このカードの叡智を

          やはり一人でも多くの方に知っていただきたいと思います。

          そして、

          魂を輝かせて生きていける人が一人でも多くなればいいなと思います。

          一人一人が輝いて生きていくことが、

          自分だけではなく、

          その周りの人の世界を照らすことにもつながっていくことを願いたいです。

          自分一人では大きな力にはならないかもしれません。

          しかし、そういう一人一人が増えていけばやがて、大きな力になることでしょう.

          まず、自分自身が輝けるように、

          そして、次は家族や友人、

          そして、少しずつ少しずつ周囲へと広がっていければいいですね。

          微力ながら、

          心がけていきたいと思います。

          個人的には、平安平穏に人生を送りたいものです。

          フェアリーベルでは、

          引き続きインナーチャイルドカードを使ったレッスン、セッション、

          ガイダンスセミナーの開催をさせていただきたいと思います。

           インナーチャイルドカードを通して、

           人が生きていくことに必要な自然の叡知や摂理、

           自己愛、自己信頼の大切さ、

           手放し、許しが大いなる癒しをもたらすことも

           同時にお伝えしていきたいと思います。

           探し求めているものは、

          外側に求めるものではなく、

          自分自身の深い洞窟の中に眠っていること、

          それを探しだすこと、

          そんな気づきにもなればいいですね。

           1年間の課題に感謝しています。

           ありがとうございました。

           課題への取り組みは、

          自分自身を掘り下げ、見つめる時間になりました。

           学べる楽しい時間になりました。

          大きな自信と財産になりました。

          3枚引きは、今後も続けていきたいと思います。

          豊かな時間にありがとう。

                        愛と祝福と感謝を込めて。

                                          2011.9.7.

                                               

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>