インナーチャイルドカードの癒し

 

ガーディアンエンジェル

ガーディアンエンジェル

 

この夏、かなりの時間を費やして取り組んだ

インナーチャイルドカード プラクティショナーに

なる為の第4番目の課題、やっと仕上がりました!!

 

最終は、完成が嬉しい、開放されるというよりも

これで、終わってしまうという一抹の寂しさを

感じてしまいましたが、

本当は、知っています・・・

終わりを告げると、新たな始まりがやってくる・・・

 

今まで、インナーチャイルドカードから

励まされたり、気づかされたり、方向性を示されたり、

いろんなメッセージが、その時々にやってきました。

 

いろんなメッセージは、私にとって、

いろんな「癒し」でもありました。

 

一般的に癒しといえば、

ほっこりする・・・とか

リラックスする・・・とか

リフレッシュする・・・などの

言葉と繋がりやすいかもしれません。

 

インナーチャイルドカードが持つ

特性、特質から、

このカードの「癒し」とは、

単なる「気持ちいい~」ではなくて、

内なる喜びと創造性。

 

何かに迷ったり・・・

自信が持てなかったり・・・

心が傷ついたり・・・

そんな時は、

自分を認められずに自己否定しているのかも・・・

 

先が見えなかったり・・・

希望が持てなかったり・・・

やる気が起こらなかったり・・・

「そんな時もあるね、生きてるんだから・・・」と

まず返事をくれるのです。

その後

「こうすれば、いいんじゃない?」と

提案してくれる感じ。

それが、私の「癒し」となっていくのです。

 

新しい人生がはじまるね・・・

行動する準備ができたよ・・・

信念を育みましょう・・・

集団から学ぼう・・・

バランスをとって・・・

チャンスを生かそう・・・

など次から次に、メッセージがやってきます。

 

それらは、

今生、生きていくうえで、与えられた課題に対するメッセージ。

言うなれば、

魂の癒しとインナーチャイルドカードは、

深く密接に結びついている。

 

1年を通して

それぞれの課題から、

いろんな学びがありました。

インナーチャイルドカードが、

占いというカテゴリーの中に収まらずに

人生の叡智と言われるような、

生きていくためのテキストであり、

羅針盤であることは確かです。

 

もうすぐ

インナーチャイルドカードの創始者、

イーシャ・ラーナー女史が、

来日されます。

関西で行われるワークショップやセミナーには、

すべて参加する予定をしています。

参加される皆さんと

お会いできることを楽しみにしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>