生命数

 

数の魅力

数の魅力

数秘術に凝っていることは、

以前にも書きました。

最近は、お会いする人の生年月日を聞いては、

(聞いてもすぐ答えてくれそうな人のみ?!)

その人の生命数をだして

本を片手に話し合ったり…納得したり…。
 

占いと解釈される分野は

命・卜(ぼく)・相

と大きく分けることができます。

命は、生まれ持ったもの

   生年月日など自分ではどうしようもないもの

   運命的なものでしょうか?

卜は、その時で変化していったり、短いスパンでかわっていくもの

   運勢と捉えたらわかりやすいかも。

相は、手相や顔相など

   持っているもので少しずつ変化していくもの。

と一般的に言われています。

 

今凝っている生命数は

この中では、

命に分類されます。

  

さて私の生命数ですが、

ピタゴラスの数秘術で出してみると、

22 になりました。

今まで知っていたやり方では 4 。

計算のやり方が若干違っていて

違う数字が出てきました。

 

22 には、4 の要素も含まれているので

まったく意味の違う数字ではないのですが、

22 という数字を生命数に持つ人のタイプから、

目に見えないものに興味を持つようになった自分に納得したように思います。

人生を、生きやすくするために、

日常の暮らしの中にも、

そういったものを取り入れることで、

現実を受け入れやすくなり、、

流れに乗る生き方をすることで、

心地よく過ごすことができるようになった気がします。

知らない人にも、

広めたいと思う自分が

理解できた感じです。

 

ちなみに 22 は、

スピリチュアリティを現実に応用するとか

社会や人類に貢献するものを作り出すリーダーとあります。

(そんなにおおげさなものではないと思うけど…)

もちろん問題点も学ぶべきことも

書かれています。

 

今までカードに関わってきた自分に

プラス

新境地が開け、おもしろがっています。

 

そんな勉強会やセミナーを企画しています。

詳しくは、後日アップしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>