数の不思議・数の秘密

 

数秘

数秘

 昨年秋のイーシャ・ラーナーさんのセミナーを受けてから

日本初のインナーチャイルドカードのプラクティショナーになる為の

3回目の課題にトライしています。

 課題のひとつに

数字の1~9について記述する

というのが、ありました。

        

 タロットカードの一種である

インナーチャイルドカードは、

大アルカナカードも小アルカナカードも

数のエネルギーを含んでいます。

  

 昨年のセミナーで

イーシャさんが、数秘学の説明をされた時

「数秘学は、ピタゴラスの倫理からきていて、

惑星や音符とも関連しています。」と

おっしゃっていました。

そこでは、詳しくはお話されなかったと

記憶しています。

  

 今回、課題となったことで、

数冊の本を買い求めて読むと

なんとおもしろい!!

  

 カードの数字だけにとどまらず、

生まれながらにして定められた生年月日から

それぞれが、持っている運命的な側面をも教えてくれます。

  

 数の幾何学的意味やスピリチュアルな意味なども

書いてあったりして…

 

 一例としては、

タロットカードの0番の愚者のカードに書かれている

愚者が持つ杖の先にぶら下げている

包みの中に何が入っているか?

そして1番のカードとどうつながっていくか?…

 あなたは、何が入っていると思いますか?

 もしあなただったら、何をもって旅にでますか?

  

 今まで気になっていたけど、わからなかったことや、

知っている、聴いたことがあるということが、

一本の糸でつながれていくように、

関係性を持ちました。

 

 インナーチャイルドカードの数秘学(数秘術)的意味合いと

ピタゴラスの数秘学(数秘術)のつながり、

歴史、自然との関わりが合い絡まっていきます。

これからのセッションやレッスン、セミナーが、

変わっていきそうな予感です。

  

 生まれもった大切なものを磨きながら

人生を豊かに過ごす…

 自分さがしをしながら、自分を受け入れて、

自分の幸せ感覚をつかむ…

 自分や周りの人の特質を認め、

心地よく生きる…

 

 

 数も、インナーチャイルドカードも

そういうことを私達に教えてくれます。

 

 

  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>