インナーチャイルドカードで自分自身を観る


イーシャ・ラーナー公認
インナーチャイルドカードプラクティショナーを目指す人たち向けに、
課題が出されています。
今回の私への課題は、
4つのスート(エレメンツ)の記述や、
お茶会やセミナーでのカードのお話や
カードとの間に起こるシンクロニシティについてのレポート。
そして、
毎週3枚引きで自分自身を観るという課題です。
課題やレポート提出といえば何だか大変そうではありますが、
これがなかなか有意義で楽しいのです。
カードと自分自身との間に起こる共時性(シンクロ)を、
時間の経過と共に、流れで観れることや、
現実に自分自身に起こることとの共時性を観ることで、
カードに対する思いや信頼性はますます高まります。
どんなことに気をつければいいのか?
引いたカードの意味はこういうことだったのか・・と納得したり、
どうすればいいんだろう?
などを、
この3枚引きは教えてくれます。
現況を観る→チャレンジすることは何か?→そのために自分はどうすればいいのか?
解決法や次のアクションを教えてくれるのです。
今、自分が知るべきことを
3枚引きではカードが教えてくれるのです。
課題のために始めたことですが、
このように流れを知ることで、
暮らしに生かすことが面白くなってきました。
3枚引きが基本となり、
5枚、7枚、11枚へと展開していくことも可能です。
この引き方、レイアウトを知ったことで、
カードの意味はより深くメッセージを送ってくれます。
すでに、
インナーチャイルドカードを知っている方にも、
この展開法は、是非お奨めですよ・・・
ちなみに、
子どもたちの結婚や進路、就職などの相談にも活用してみました。
暮らしに生かすカードリーディング。
知っていると色んな指標や目安になり、なんだかいい感じ・・・。
自分自身を観ること、
子どもたちとのコミュニケーションに使えていることに感謝感謝って感じです。
こういうカードの使い方っていいですね。
インナーチャイルドカードと出会っていてよかったなぁ・・と、
つくづく思っています。
そして、
その叡智や活用法を
是非お伝えし、広めたいと思っています。
fairybell インナーチャイルドカードガイダンスセミナー では、
カードとのシンクロニシティや
あれやコレについても、
お話させていただきたいと思っています。
イーシャ・ラーナーさんの公式ページ でも
ご紹介いただいています。
イーシャ・ラーナーさんの伝える叡智を、
インナーチャイルドカードの叡智を
是非一人でも多くの方にお伝えできることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>