イーシャ・ラーナーさんからいただいた大切なもの


 昨日、
 イーシャ・ラーナーさんの叡智を伝える
 インナーチャイルドカード・ガイダンスセミナーを
 させていただきました。
 まずは、
 ウイッシング・ウェルというレイアウトで、
 今日の集まりのテーマについて1枚引き。
 大アルカナカード Ⅴ ウイザード でした。
 
 先日の東京でのイーシャ・ラーナーさん
 セミナーでのお話を踏まえ、
 ・タロットの起源・歴史、
 ・イーシャさんのタロットの出会いから、
   インナーチャイルドカードができるまで。
 ・インナーチャイルドカードのコンセプト
 ・おとぎ話と大アルカナカードの結びつき 
                       などについて
  
 さらに、
 イーシャさんが大切に育まれ、
 インナーチャイルドカードをとおして、
 現代に生きる私たちに伝えたいこと。
 インナーチャイルドカードの
 根底に流れているイーシャさんの愛、
 そんなことあんなことを、確認したり、
 共感しあったり・・・。
 
 それを
 現実に生かすこと、
 暮らしに、どのように生かしていくか?
 ということが、
 大切なことだよね・・
 と確認しあう
 カード交流会でした。
 東京でのセミナーでご一緒しました
 Blue bee さん
  石川県から、わざわざ
  fairybellまで足を運んでいただき、
  ありがとうございました。
 テーマカードが語るように、
 インナーチャイルドカードというツールを使って、
 セラピーやカウンセリングとして生かすことのほか、
 日々の暮らしの中で、
 たとえばお母さんが子育てに生かしたり、
 家族とのコミュニケーションに生かしてもいいと思います。
 
 絵本の読み聞かせをするように、
 昔話やおとぎ話を語って聞かせるように、
 人が生きていく上で
 大切にしたいことを、
 子どもたちに伝える叡智として、
 タロットが作られたという起源を思うと、
 タロットは占いというツールとしてではなく、
 人生哲学、
 人が生きていく上での大切なことを伝える
 古代の叡智だったことが、
 理解できます。
 
 そして、
 イーシャさんが
 おとぎ話とタロットのコラボレーションとして、
 100の言葉を語るより、
 美しく描かれた芸術性の高い絵として、
 子どもから大人まで
 現代人に理解しやく、受け入れやすいタロット(叡智)
 インナーチャイルドタロットカードとして、
 甦らせられたのです。
 まさしく、
 魔法を使って、
 現実に受け入れやすいように・・・。
 私たちは、霊的な体験をしている人間というよりも、
 人間の体験をしている霊的な存在であると
 イーシャさんはおっしゃっています。
 そして、
 霊的な魂の成長としての段階を
 大アルカナカードは表しているのです。
 小アルカナを含めた78枚はすべて、
 自分の中に内在する自分自身です。
 
 私たちが、
 この肉体を持った、
 今現代をどのように生きるのか?
 
 スピリチュアルという目に見えない神聖なものに気づき、
 それをどのように理解し、
 現実に取り入れ生きていくのか?
 それは、
 
 とても大きなテーマだし、
 大切なことです。
 インナーチャイルドカードは、
 やさしく、
 微笑みかけるように、
 あなたの心の中にある、
 潜在意識の中にある
 メッセージを
 あなたに
 気づかせてくれるでしょう。
 内なる子ども心の不思議な冒険を甦らせ、
 幼心から失われた無邪気さ、清らかさ、
 喜び、驚き、愛を復活させてくれます。
 
 そして、
 誰もが持つオリジナルの輝きに気づかせてくれます。
 そんな、
 すばらしい叡智を秘めたカードです。
 インナーチャイルドカードが
 もっともっと理解され、
 日々の私たちの暮らしの中に根ざしていくこと。
 イーシャさんの思いがもっともっと
 広がるように・・・。
 そんなイーシャさんの叡智を
 是非、
 お一人でも多くの方々に伝え、
 その上で、
 インナーチャイルドカードが、
 さらに、
 愛されるように・・と願っています。
 ミクシィ上に、
 主催者公認の上、
 イーシャ・ラーナーコミュニティーを
 立ち上げておりますので、
 ご興味のある方は、
 是非是非、
 コミュニティーにも
 ご参加いただければ・・と思います。
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>