応用DNAシータヒーリング・プラクティショナー修得


 シータヒーリングのアドバンスコースにあたる、
 応用DNAシータヒーリングのセミナーに参加してきました。
 シータヒーリングについて、
 詳しくお知りになりたい方は、
 シータヒーリング・ジャパン公式サイトをご覧いただくことにして、
 とても、楽しい、愉快なセミナー&ワークでした。
 スピリチュアルに対する思いや考え方は様々で、
 狭い範囲でスピリチュアルを捕らえておられる方も
 多いかもしれません。
 シータヒーリングでの考え方は、
 どこかに誰かがいて、
 誰かが何かしてくれるとか、
 危害を与えるというものでは、
 まったくありません。
 全てなるものは、創造主が創造し、
 創造されたものは、創造を取り消すことができ、
 新たに再創造されることを理解するということです。
 原子の性質を応用しています。
  シータヒーラーは、
 脳波をシータ波にします。
 シータヒーラーは、
 創造主のいる
 第7層という存在を通して、
 あらゆるものを作りかえることができる
 という考え方を採用しています。
 神・マトリックス・大いなるもの・グレートサムシング・宇宙とか・・
 言い方はさまざまですが、
 その大いなる創造の源が、
 また、自分自身の中にもあります。
 天にあるものは地にもあるとか、
 宇宙観は、
 自分自身の中にもあり、
 存在そのものであること。
 それそのものが魂といわれるもので、
 その魂や意識体そのもののことを
 スピリット・またはスピリチュアルという
 という考え方です。
 ですから、
 霊が見えるとか見えないとか・・・
 また、占いとか宗教ということでもありません。
 それを含むといった感じでしょうか?
 また、
 シータヒーリングでは、
 存在の7つの層というのがあります。
 目に見えるもの、見えないもの、
 すべては、創造の源が作ったものです。
 宇宙も地球も、創造の源が創造し、
 地球にあるあらゆるものも、
 自然界にあるものすべて、
 鉱物、動物(人間)・植物・精霊、霊や光の存在、マスターや天使たちも・・。
 そして、
 原子レベルで物事が創造されているという考え方です。
 ですから、
 作り直すこと、再創造することができるのだそうです。
 とても、面白いです。
 自分の思考や意識が、現実を作り出しているのです。
 ということは、
 その思考パターンや意識の持ち方を
 作り変えてみると、
 現実が変わっていくという考え方を採用しています。
 何でも作り出せる可能性があるということです。
 再創造できるということです。
 それが、
 生まれてきてから、今までの核となる思いこみのパターン、
 先祖から受け継いでいるDNAレベルでの思考パターン、
 輪廻転生しているとして、過去世・歴史レベルでの思考パターン、
 そして、それらが、
 複数にまたがった思い込みのパターンなどが影響しています。
 その思考のパターンを見つけ、
 書き換え、作り変えることで、
 引き寄せる現実を変えることができるという、
 活気的なヒーリング方法なのです。
 クライアントの自由意志を尊重し、
 必ず了解をとりながら、進めます。
 その効果は、病理にまで及ぶと言われています。
 テクニックは、
 色々とありますが、
 表層の部分だけを癒すのではなく、
 DNAレベルまでという感じです。
 だからこそ、
 変化変容を大きく促すことにつながるのですね。
 可能性の扉がどんどん開いていくことを、
 実感できるヒーリングツールです。
 まずは、
 自分自身が自分自身の最高最善のヒーラーになります。
 自然治癒力が高まります。
 今ここに生かされていることに感謝するとともに、
 愛と喜びを伝えていけること、
 その中で、日々暮らしていけること
 大切にしたいですね。
 
 自分なりに、もう少し暖めて、
 是非シータヒーリングを取り入れた、
 カードセッションを
 確立していきたいと思っています。
 イーシャさんから伝授していただいた
 インナーチャイルドカードのリーディング法では、
 課題やブロックされているものが、見つけやすく、
 かなり掘り下げができるような気がしています。
 さらに、
 シータヒーリングを取り入れて絡ませることで、
 より深く突っ込める気がします。
 より幸せに、喜びを感じながら生きていけるように・・・。
 豊かさに気づき、願望実現できるよう、
 お手伝いさせていただけるように・・・
 
 fairybell
 のミッションであり、願いです。
 幸せの輪をどんどん広げていきましょうね。
 
 12月頃には、
 モニターセッションを開始したいと考えています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>