イーシャ・ラーナー パワー オブ フラワー ヒーリング


 インナーチャイルドカードの創始者
 イーシャ・ラーナーさんが、作られる
 パワーオブフラワーエッセンス。
 エッセンシャルブレンドのご紹介です。
 
 
インナーチャイルドカードでは、
 おなじみのワンドの7番。
 このカードは、
 ”癒しのパワー” ”ヒーリング”を表しています。
 ヒーリングの1つの方法として、
 イーシャさんは
 フラワーレメディ・フラワーエッセンスを提案されています。
 フラワーエッセンスとは、
 1930年代、イギリスのエドワード・バッチ博士が、
 研究、提唱されたもので、
 植物の持つエネルギー・波動が、
 人の持つエネルギー・波動と共鳴して、
 人を癒すというものです。
 人間は、
 昔から深く自然と関わり、花に癒されてきました。
 自然の中で、しっかり、根ざして育つ植物たち。
 その植物の成り立ちや、生い立ちから学ぶこと、
 また、それ自体が持つエネルギーを転写して
 エドワード・バッチ博士が作ったのが、始まりです。
 バッチーのフラワーエッセンスは、
 今では、
 クラシックというジャンルに分類され、
 フラワーエッセンス業界においても、
 植物のみならず、
 動物、鉱物、天体や星座の持つ特質を、
 エネルギー転写して
 どんどん新しいエッセンスが誕生しています。
 アロマテラピーや漢方とは違って、
 
 植物、鉱物、動物などから、
 エネルギーだけを取り出したものです。
 味や香りはありません。
 解決したい感情や状況に直面したときに、
 フラワーエッセンスは、
 心と体と魂にやさしく、寄り添ってくれることでしょう。
 
 そんなバッチ博士の提唱をもとに、
 イーシャ・ラーナーさんが作られたのが、
 パワー オブ フラワーエッセンスです。
 パワーオブフラワー オラクルカード とリンクしている
 シングルエセンス32種類のほか、
 アーバンエッセンスなどがあります。
 fairybell では、
 目的・用途にあわせて作られた
 フラワーエッセンスブレンド14種類
 
 インナーチャイルドカードとともに、
 お取扱いさせていただくことになりました。
 インナーチャイルドカードのセッション後、
 「じゃあ、私はどうしたらいいの?」
 というクライアント様に、
 輝かしいご自身への
 変化、変容を促すお手伝いとして、
 また、トラウマやブロックを取り除いて、
 心地よく過ごしていただくために、
 お奨めしている1つのツールとして、
 ご提案させていただきたいと思っています。
 空間の浄化、オーラフィールドの浄化にもお奨めですよ。
 イーシャさんのワークを受けてから、
 カードのリーディングに変化が表れて、
 より深くリーディングをさせていただいています。
 カードリーディング後の、
 課題やチャレンジ、
 根っことなっているもの、
 ブロックを感じたときなど、
 必要なエネルギーをカードから読んで、
 後押し、応援させていただくために、
 お奨めしていきたいと思っています。
 もちろん、
 ペンジュラムによるダウジングや、Оリングテストなどで、
 
 お選びいただくことも可能です。
 是非、
 ご自身の変化・変容を促し、
 より高い意識レベルへと向かうために、
 是非、お役立ていただければ・・と思います。
 
 ブロックが多いと、
 本来、スムーズに進むべきものが、
 何らかの妨げによって進むことを阻まれます。
 車の運転でたとえるなら、
 ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるようなものだ・・と
 よく言われます。
 その、ブロックや妨げとなっているものが、
 どんなもので、
 どこから来ているのか?
 探求することは、興味深いですね。
 今、勉強中のシータヒーリングでは、
 今生のトラウマに加え、
 先祖から受け継いでいるDNAレベル、
 また、過去世からも影響される歴史的レベル、
 そして、それらすべてを統合している魂・オーラフィールド全体にまで、
 思考パターンが波及、影響しているという考え方が採用されています。
 DNAというのは、不思議なものですね、
 そして,
 このDNAこそが、
 フラワーエッセンスや、タロットの叡智とつながっているという事実に
 えらく感動していて、
 ますます探求が深く、強まるばかりです。
 潜在意識とのつながりもバッチリ!
 可能性の扉を開く鍵は、
 あなた自身です。
 このつながりや、仕組みが理解できると、
 人生とっても楽しいですよ。
 また、願いが実現しやすくなるようです。
 DNAレベルまで、癒し、
 変容を促し、
 人体に害のない植物エネルギー転写の、
 フラワーエッセンス。
 ご興味のある方は、
 お問い合わせくださいね。
  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>