植物から学ぶもの・・

  
 自然界から学ぶもの・・・
 当たり前なことですが、
 人間も自然界の一部ですよね?
 日常の中で、理解しやすいところで言えば、
 植物は、暮らしの中に身近なものですね。
 
  
 本屋さんで、目に留まった興味深い本。
Happy グリーン&フラワー
  ~植物がくれる 癒しと浄化 ~

               杉原梨江子さん
       少しさわりにふれてみたいと思います。
 ・芽は過去を振り返らない。
   芽は、日に日に大きくなり、成長していきます。
   いったん出た芽が、引っ込むことはなく、
   少しずつ、必ず、大きくなっていくということ。
   一瞬一瞬幸せを感じ、感謝して生きていくことができたら、
   あなたは、あなたが願う人になれるはず・・・。
 ・光のあるほうに、植物は伸びていく。
   人は、時として、暗闇に目を向けてしまいがちになりますね。
   けれど、植物は何が起ころうと、
   あなたが光を目指すことを教えてくれます。
   幸せのあるほうへ、愛する人のほうへ、
   向かっていけるように、
   植物の生き方は、
   幸せを自分で選びとる力をくれる自然の法則です。
 ・宇宙がつくり出す生命リズムで生きている
   植物は、毎日決まったリズムで生きています。
   朝、太陽が昇り始めると目を覚まし、
   日が入る頃には、眠りに入ります。
   春夏秋冬のリズム、月の満ち欠け、規則性のある生長リズム、
   それは宇宙がつくり出す大自然の生命リズムです。
   私たちの体も、心臓は一定のリズムで鼓動を続け、
   自分たちの意思に関係なく、
   髪の毛が生えたり、爪が伸びたりしますね。
   これも、命を育むための、大自然のリズムです。
   人間も正しいリズムで生活していると、
   原始の生命エネルギーが蘇ってきます。
   人間も大自然から生まれた命。
   自然と光に向かう心と体とが整ってきます。
 ・嵐で倒れても、再び芽を出す力
   植物は、風が吹くと右に左にゆらりゆらり・・・、
   身を横たえ、根は、しっかりと大地をつかんでいます。
   植物と同じように、あなた自身という根を太く、
   水分養分をたやさなければ、倒れてしまうことはありません。
   もし、嵐や雷で倒れてしまっても、
   幹や枝から再び、新しい芽を出します。
   蘇る力を内に秘め、チャンスは何度でも訪れることを、
   植物は教えてくれます。
   
 ・ゆっくりゆっくり、成長していく
   植物と一緒に暮らすとき、
   あなたを救うのは、静けさかもしれませんね。
   植物は、人を責めません。
   静かに静かに思いを受け止めてくれます。
   あなたの失敗や過ちを許し、
   あなたの心が太陽のほうへ向かうのを待ってくれます。
   生長のリズムは、植物によってちがいます。
   生長の早い植物もいれば、
   果実が実るまでに何年もかかる木もあります。
   生命を刻むリズムは人それぞれですね。
   「あなたが歩いていけるリズムでいい」と
   植物は語ってくれるでしょう。
 ・”命” が一緒だと、あなたの ”命” が喜ぶ
   植物という”命”に触れると、あなたの ”命”も喜びます。
   植物のように、規則正しい生命リズムで心と体とが動き始めると、
   あなたの内に眠る幸運エネルギーが目覚めます。
   大自然がくれる原始の生命エネルギー。
   
   植物は、幸せに生きる知恵を教えてくれているのかもしれませんね。
   自然界から、学ぶもの・・・。
   大いなるエネルギーからの恩恵。
   目には見えなくても、
   感じたり、学ぶことは、たくさんあると思いませんか?
   忙しく、あわただしい日々の暮らしの中で、
   今まで感じなかったことや、
   目の留めなかったことに・・、
   少し意識してみるのもいいですね。
   Happyな気分になるために・・
   幸運を招くために・・・
   暮らしの中に、グリーンを取り入れてみましょう。
  
   
   本の内容は、
   ・植物と心でつながる出会い方
   ・光・水・風の精霊たちの力を借りましょう
   ・植物とのコミュニケーション
   ・植物が元気に育つ魔法の言の葉
   ・花の虹色セラピー 
   ・用途・目的別 おすすめグリーンの紹介 など
      暮らしへの取り入れ方や生かし方など
      興味深い内容となっています。
   
   
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>