唐菓子(からくだもの)


 これは、”清浄歓喜団”というお菓子です。
 
 奈良時代、遣唐使によって、仏教とともに日本に伝来したといわれ、
当時のままの形で保存されている、
日本で一番古いとされる、京都のお菓子です。
 七種の香を入れて包み、そのほのかな神秘な香りは、
仏教でいう「清め」の意味で、
八つの結びは八葉の蓮華をあらわし、
形は金袋になぞらえられているそうです。
 お正月にいただくお菓子としては、花びらもちが有名ですが、
今年は、一風ちがったこのお菓子をいただいてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>