淡路島紀行③ 安藤建築 ~本福寺水御堂~


 淡路島に行きたかったもうひとつの理由に、安藤建築があります。
 地元、大山崎町にある ”アサヒビール大山崎山荘美術館”の新館を
 安藤忠雄さんが建てられたので、安藤建築を身近に感じ、興味を
 持つようになりました。
 淡路島に、安藤建築で建てられたちょっとユニークなお寺があります。
 大山崎山荘美術館は、大正時代に建てられた旧館や自然景勝と、
 コンクリートばりの新館との融合が評判で、癒しの美術館として
 知られています。
 お寺の本堂が安藤建築?
 コンクリートばり?しかも、地中?
 建物の屋上にあたる場所に蓮と池?
 ・・・なんて不思議な?ユニークな?
 絶対この目で見てみたい!と思いました。
 そして、やっと実物を見ることができたのです。
 本堂は撮影禁止なのですが、
 ちゃんと地中にあり、しかし、自然光の演出・・ 
 ご本尊様のバックは自然光がさしこみ、幻想的で、厳かな雰囲気・・
 西方浄土を表しているとか・・・
 ちょうど、小雨が降っていて、マイナスイオンたっぷりの・・
 自然風景ともマッチングした、とても斬新な感じのするお寺でした。
 ご興味のある方は、一見の価値ありですよ・・
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>