社会起業家(企業家)セミナー

  昨日は、京都南部地域力連携拠点(長岡京市商工会)主催の、
  暮らしやすいまちづくり 
 おもしろいまちづくりは自分たちでつくる!
 ~社会起業家セミナー~ に参加してきました
 NPO法人やボランティアは、基本的には、収益性を求めません。
 社会起業(企業)は一口にいうと、人の生き方や価値観
を自己実現でき、収益をあげながら社会貢献に取り組むことができます。
 ①社会性
   解決が求められる社会課題に取り組むことを事業活動の
 ミッションとすること。
   (地域性の有無はソーシャルビジネスの基準に含めない)
   (地域との密着性を求めるのは、コミュニティビジネス)
 ②事業性
  ①のミッションをビジネスの形に表し、継続的に事業活動を進めていくこと  (収益性)
 ③革新性
  新しい社会的商品・サービスや、それを提供するための仕組みを開発したり、活用したりすること。
 また、その活動が社会に広がることを通して、新しい社会的価値を創出すること。
      ~経済産業省「ソーシャルビジネス研究会報告書より」
 社会起業(企業)家という言葉は、まだ認知度が低く、アメリカやイギリスの流れをくんで、2008年から日本でも使われるようになった言葉です。
 NPO法人やボランティアとは違って、収益を求めます。
 しかし、儲けに走るのではなく、志を熱く持つことが求められ、生き方や価値観、人と人とのつながりがとても大切になります。
 今まで、イメージとしてはあったものの、
 fairybellが目指す姿勢は、まさしくこれ!だと確信したのです。
 さて、新しい構築へのスタートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>