太陽星座とうら星

 fairybellでは、恒例となっているホロスコープ交流会。
 毎回私も楽しみにしています。
最初の頃はお話を聞いてもチンプンカンプン・・?????
 しかし、少しずつわかってきました。
 以前にもお話しましたが、占いには ”命・朴・相”というのがあるらしいです。
 それでいうと、西洋占星術や東洋占星術(九星占術や四柱推命など)は、命にあたり、生まれた日の ”星の位置”から受け取るメッセージということになります。
 
 ホロスコープは、生まれた日の星の位置から、12星座・10天体から受け取る宇宙からの出生証明書といわれています。
 今年2009年は、世界天文年。
とくに、この7月は、日本では、46年ぶりに皆既日食が見られるので注目をされています。
 昨日は、七夕そして満月(月食)でしたね・・。
天文学上でのうんちくもさることながら、スピリチュアル的には、22日(皆既日食)までの間、宇宙(天上界)とつながる窓があくそうで、本当の自分を深く見つめ、どうしたいのか?を明確にされるといいそうです。
 ホロスコープ交流会では、太陽星座(一般的にいう○○座さん)に加え、生まれた日の月の位置(うら星)や、10天体や南中天の位置、ドラゴンヘッド・ドラゴンティル、そのほかハウスといわれるものと、重ねてリーディングすることで、さらにくわしく、自分を知ることができます。
 少し難しいですが、いつも笑いあり涙あり、時には厳しいメッセージありの楽しい中身の濃いものとなっています。
 お薦めです。
ご希望の方には、各自のホロスコープ鑑定もしていただけます。

 ご興味のある方は、お問合せください。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>