コーヒー教室終了

 
  
 今日は、当店でお出ししているコーヒー豆を、取り扱っておられるウニールさんに来ていただいて、コーヒーの飲み比べをしました。
 当店でお出ししているコーヒーは、スペシャルティコーヒーといわれるジャンルのものです。
 コーヒー豆は、農産物の一種であり、旬があります。
赤道付近のどこの国の、どの農場でとれたコーヒー豆なのか?が、わかります。
 一般に流通しているコーヒー豆は、コマーシャルコーヒーと呼ばれ、主に商社が買い付けをしていて、豆の種類で取引され、価格も株価などに連動しています。
 スペシャルティコーヒーは、生産者から直接買い付けをしますし、新しい状態で手に入るので、酸化が少なく、コーヒーの油分も旨みとしていただくことが出来ます。
 ペーパーで漉すのではなく、金属フィルターや、フレンチプレス(圧縮)で、提供されることが多いようです。
 
 今日は、スペシャルティコーヒーの中でも、カップオブエクセレンスと呼ばれるコンテスト受賞豆(2008年5位入賞の豆で、コスタリカのモラレスさんの農園でとれたコーヒー豆)と、ウニールさんのオリジナルフローラルブレンド、、一般に流通している、ブルーマウンテン、キリマンジャロを、フレンチプレスでたてたもの4種の飲み比べをしました。
 
 今まで、コーヒー豆を銘柄で選ぶことが、認識にありましたが、どこの国の誰が作った豆か?がはっきりしていて、新しい状態で手元に届くため、コーヒーの旨みを是非ストレートで味わっていただきたいと思います。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>