苺の旬って?(ベジフルpartⅡ)

苺の旬って、いつか、知ってますか?
 実は、5月~6月初めということです。つまり、ちょっと前が、旬の、食べ頃だったってことです。
 
 苺は、春に花を咲かせます。花を咲かせた後、実がなるのです。
だから、自然に考えると、実ができるのに、数十日かかってしまうので、旬は、ついこの間だったのですね。
 じゃあ、何故、冬にも苺が売られ、早春にも買って食べることが、出来るのでしょうか?
 それは、人間が、苺をだまして、実をつけさせているのだそうです。
 真夏に、今が冬だよと、苗を冷蔵庫に入れ、日照時間を短くするそうです。そうすると、11月でも、苺は、勘違いして、実をつけてしまい、人間に、摘まれてしまうということがおきてくるのです。
 今年、5月に露地苺を食べました。
畑で完熟を待ち、摘み取られるので、苺の中まで赤く、メチャ甘かったです。糖度計で計ったら、すごい数字がでていたでしょうね。食べた日は、大満足でした。
 翌日、食べようとして、愕然としました。熟し過ぎてか(?)所々白くなり、削ぎ取らないと、食べられなかったのです。
 今の苺って、部分的に悪くなることって、ほとんどないですよね。何故かわからないですけど…。確かに私が、子供だったかなり昔、苺って、すぐに、悪くなってしまって食べられなくなった記憶があります。
 人は、果物や野菜の特性や特徴を知り、研究を重ね、自然界の一部分を、自由にコントロールできるようになってきました。良いこともたくさんあります。便利になったと喜ぶだけでなく、知っておきたいことや伝えたいことも同時にでてきます。
 カフェでは、そんな、お話もしていきたいと思っています。 < S >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>