パワーストーンの魅力


 最近、パワーストーンを身に着けた人をよく見かけます。
 スーツを着た男性が、ルチルクォーツやタイガーアイのブレスレットをつけていたりします。
 女性は、色合いもさまざま、つけ方もそれぞれ、ですね。
 石には、いろんな意味やいわれ、歴史、その1つ1つが、固有のパワーを秘めていると言われています。
 自然が生み出した石に愛情を持って接することにより、石のパワーを受け取ったり、エネルギー補充をしたり、癒されたりすることが、できるようです。
 
 私が石に魅せられたのは、以前ブログにも書いた、京の町屋フェスタで、TO-RUさんの作られたブレスレットをはめた瞬間からでした。
 ラピスラズリと水晶の入ったブレスは、深みのある濃い青色と透明感のある色合いで、一度はめてみると、はずしたくなくなってしまったのです。
 ラピスは、古代エジプトでは、ファラオや、王族といった特別な存在の証に用いられていました。危険を回避させたり、知性を洗練させたり、正しい判断力を与えたりする石といわれています。そのときの私には、きっと必要なパワーばかりだったのでしょう。
 そして私もパワーストーンのブレスレットを作ってみたいと、強烈に感じました。理由はなく、感覚がすべてだったような気がします。
 ラピスラズリ、ロードクロサイト、アクアマリン、カイアナイト、ペリドット…好きな石がどんどん増えていき、これからもますます魅せられそうです。
 インナーチャイルドタロットカードから、メッセージをうけとり、ブレスレットを作ってみたいと構想を練っています。
                          < s >
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>